住み慣れたところでいつまでも

住宅改修

a:2808 t:2 y:1


住宅改修について(介護保険適用工事)

画像の説明

住宅改修費の申請できる金額は、業者に支払いをした費用のうち、20万円を限度として、9割の金額が支給されます。
限度額ですので、何回かにわけて使うことも可能です。

工事着工前に必要な手続きがあります。

メールでのお問合せは、こちらをクリック

ポイント

  1. 申請に必要な書類のうち、理由書についてはケアマネージャーに作成してもらいます。
  2. 改修工事を行う住宅は、介護保険被保険者証の記載住所と同一である必要があります。
  3. 住まいが借家である場合も申請は可能ですが、所有名義人の許可が必要となります。
  4. この住宅改修費は、要支援・要介護を問わず支給されます。

計算を間違えないようにしたいのは、あくまで「上限が20万円」なので、たとえば30万円の工事費がかかったとして、介護保険が持ってくれる費用は20万×9割=18万円どまり、である点です。
残りの12万円は、自己負担となります。

住宅改修の手順

  1. 介護認定の認定を受ける。
  2. ケアマネージャーとの相談
  3. 住宅改修事業者をまじえて打ち合わせ
  4. 住宅改修事業者が作成した見積書と工事図面を本人(家族)が承認
  5. ケアマネージャーが自治体に工事前に了解をもらう。
  6. 工事着工&完成
  7. 住宅改修事業者に代金全額を支払う。
  8. ケアマネージャーが自治体に工事完了の書類等を提出。
  9. 約1ヵ月後に自治体より9割が支払われる。
    注:各自治体によって手順に多少の違いがあります。

    問合せ

介護保険の支給対象となる住宅改修は?

  1. 手すりの取付
  2. 床段差の解消
  3. 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
  4. 引き戸等への扉の取替え
  5. 洋式便器等への便器の取替え
  6. 上記住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

    問合せ


住宅改修施工例

玄関アプローチ

  • 手すり設置
     画像の説明    画像の説明 

手すり設置
   画像の説明      画像の説明


  • 階段撤去、スロープ新設、手すり設置
    画像の説明    画像の説明

  • 手すり設置
    画像の説明    画像の説明

  • 玄関アプローチに手すりを取り付け
    画像の説明    画像の説明

玄関

  • 玄関に手すりを取り付け
    画像の説明    画像の説明

  • 玄関に踏み台を設置
    画像の説明    画像の説明

廊下

  • 壁面に手すりを取り付け
    画像の説明    画像の説明
  • 2m中間受け2個
    画像の説明    画像の説明

浴室

  • 浴室に手すり(80cm)を取り付け
    画像の説明    画像の説明
  • 浴室に手すり(60cm×40cm)を取り付け
    画像の説明    画像の説明

その他

  • 勝手口に踏み台設置
    画像の説明    画像の説明

  • スロープ設置
    画像の説明    画像の説明

  • 開き戸を引き戸に変更
    画像の説明    画像の説明

問合せ



a:2808 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional